前へ
次へ

時計買取時には時計とセットで保証書も一緒に

不要になった時計だけを時計買取の時に出すのではなく、保証書も一緒に査定を出すのが前提です。ブランド物には高い価値があり、その保証書はあったほうが良いものの、無い場合は査定額が下がる可能性があります。とはいえまだ未使用のブランド腕時計であれば、保証書がなかったとしても、査定額はそれなりに高いです。使っていないのですから厳しい査定をしても、傷なども一切ついてはいないはずですし、ほかの人の諮問すら見受けられないのですから金額には期待がもてます。一般的に時計買取へ売りに出す際には、一度は使った時計を出しますので、こうした未使用の最高に良い状態をそのまま出すのは稀なことです。できるだけ保証書が一緒にあったほうが良いのは、それがないことには購入時がいつかを証明できないためであり、新品であってもやはり査定金額が少し下がることはあります。それくらい重要なポジションを占めるのも、時計についてくる保証書の存在です。利用する買取店もよりますが、1万円くらいさがることもあれば、10万円くらいの減額となることもあります。

Page Top